ソフトを上手く活用

介護ソフトの一般化と多様化

介護施設においてはその作業の効率化を図るために介護ソフトを導入する傾向が強まっています。介護報酬請求のために伝送ソフトを利用する傾向が強まっていることからも、今後は介護施設の大小やサービス内容を問わず、介護ソフトの利用を基本とした運営システムが常識となっていくことでしょう。 また、その介護ソフトによるサービスも多様化してきています。インターネットや無線LANを利用するシステムだけではなく、クラウドシステムを導入したサービスやスマートフォン、タブレット端末の活用等、異なるシステムが提供されるようになってきています。情報技術の進展に伴ってその新しいシステムを活用した有用な介護ソフトが次々に登場してくると予想されます。

導入に際して必要となるマニュアル化

既に稼働している介護施設において新しく介護ソフトを導入する際には注意しなければならない点があります。それは介護ソフトの導入によってこれまで行われてきた手続きを一新しなければならなくなることがあるということです。 例えば、ケアプランの管理をノートによって行ってきたものを、介護ソフト上で行うようにするというケースが考えられます。そういった際にはケアマネージャーはケアプランを電子化してそのソフトに入力するという作業が必要になります。そのケアプランを参照する介護従事者もノートを見るという作業がパソコン等を使用することに切り替わります。そういった一連の作業のマニュアル化と、ソフトの使用方法の指導が導入に際して必要となるのです。