操作性が重要される

最近は福祉車両の需要が増えているようです。

高齢化社会の到来や身体障害者の自立を促す風潮の向上に伴い、最近は福祉車両の需要が増えてきているようです。 日本国内の自動車メーカーの方も、トヨタ自動車のウェルキャブや日産のライフケアビークル、さらにはホンダの既存の車種を福祉車両として機能を追加した物など、福祉車両の生産や販売に力を入れているようです。 福祉車両には自繰式と介助式があります。前者は高齢者や身障者の方が自ら自動車を運転できるように通常より軽い操作でハンドリングできるパワーステアリングなどの機能が備わった物です。後者は高齢者や身体障害者の方を車椅子のまま乗せるための回転スライドシートやサイドアクセス(自動車の横から車に乗れるようにする)のための装備などが備え付けられた物です。

バリアフリーのための装備が当たり前になるかもしれません。

現在は福祉車両として別の仕様として販売していますが、そのうちに福祉車両としての機能が一般車両に反映される可能性も考えられます。これは注意すべき点です。 例えば、ハンドリングの負担を軽減するパワーステアリングは1980年頃に一部の車両に装備されましたが、現在は日本国内で販売されているほとんどの車両に装備されています。自動車のデザイン自体も30年前に比べると、地面との段差が少なくなり、あまり足を高めに上げなくても乗れるようになりました。 現在の福祉車両ではない車両も利用者のニーズを汲み取って、かなり使いやすくなった感じがします。そのうち福祉車両というカテゴリーがなくなってしまう可能性があるかもしれません。